イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
チーズまん

チーズまんを作りました

イタリアでは空前のパン作りブーム。

コロナ外出禁止令で、ステイホームのため、パンやピッツァを作っている人が多いです。

 

イースト不足でしたが、それも落ち着き先日イーストをゲットしました。

 

100gもあったので、パン、ピッツァ、フォカッチャを作ってもまだまだ余っています。

 

フレッシュなイーストだったので、日持ちもしないし、冷凍はできないし、捨てるのはもったいないし。。。

 

そこで、かねがね作りたかった中華まんに、初チャレンジすることにしました。

 

パン作りブームの中、日本人の友人たちは肉まんを作っているとのこと。

聞いてみると、けっこう簡単にできるようなので、いざトライ!

 

私は、肉まんではなく、チーズまんにしました。

 

チーズまん

 

中華まんは、こねて1次発酵、2次発酵、中身を詰めてさらに少しおいておく、蒸す、というように、ちょこちょこ作業をしないといけないので、私にとっては面倒でした(汗)。

 

たしかにレシピは複雑ではないのですが、作業が3つ以上にわかれるものが私は苦手なのです。

パンやピッツァは、①こねて発酵、②焼くだけなので、作業は2回。

3回以上に分かれると、「あ、次はこれやらなきゃ」となるので、苦手です。。

そのもっとも典型的なものは、洗濯。

①洗濯機に洗濯物を入れて選択を開始、②終わったら干す、③乾いたらたたむ、と作業が3つに分かれるので、苦手です。
(洗濯乾燥機があれば作業が2つになるので、苦手ではなくなるとは思いますが、あいにく持っていないので。。)

 

作業はいっきにするか、もしくは2回に分けてやりたい派なのです。

たぶん3回以上に分かれると、拘束されている感になってしまうのだと思います。

なので、掃除や裁縫など、いっきに終わるものは好き。いっきにできなくても、また好きな時間に再開できるので、拘束されている感もありません。

 

話はそれましたが、チーズまん、まあまあの出来でした♪

 

チーズまん

 

生地がちょっと厚かったなというのと、ちょっと塩が足りなかったな、というのはありましたが、やわらかさはちょうどよかったです♡

 

チーズは、スカモルツァ(モッツァレラを燻製にしたようなチーズ)のミニサイズのものをまるごと入れました。

 

もうちょっとうまく作りたいなと思ったので、苦手意識を克服して、今度は肉まんを作ってみたいです。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!