イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
抹茶

イタリアの硬水で抹茶を点てる

お茶には、硬水より軟水のほうが適しているのはよく知られています。

イタリアでは、ミネラルウォーターもすべて硬水で、硬度が低めのものを使ってもやはり日本のようにはいきません。

硬水で緑茶を淹れると、少し白く濁ったような色になります。

味もまろやかさと深みが欠け、味わいが平らでハードな感じになります。

番茶は、硬水で淹れると味のクオリティーがガクっと下がります。

ソフトな感じがまったくなくなり、お茶っぱで淹れても、ティーバッグの三煎目を濃くしたような感じです。

イタリアの硬水でお茶を飲むと、蛇口をひねれば軟水が出てくる日本は天国だなと思います。

日本のようにおいしく飲むことができないなら、無理してお茶を飲まなくてもよいのかもしれませんが、やっぱりたまにはやっぱり日本の味を楽しみたい。

お抹茶を硬水でいれると、やはり深みがなく、単純な味になってしまいます。

でも、お抹茶を点てる作業は同じです。

茶筅をシャカシャカすると、心が落ち着きます。

緑茶を淹れるより、お抹茶を点てるほうが心が落ち着くので、好きです。

抹茶

どっちにしろ味が変わってしまうので、高価なお抹茶を使うのはもったいないので、手ごろなもので楽しんでいます。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!