イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
カポナータ

夏はやっぱりカポナータ!【レシピ】

言わずと知れたカポナータは、夏を代表するシチリア料理。

フランスのラタトゥイユと似ているようで異なるカポナータ。

松の実やケイパーが入るところがシチリアっぽいです。

そして、最大の特徴は、ヴィネガーと砂糖を入れること。
ラタトゥイユにヴィネガーと砂糖は入らないですよね。

ナスとそれ以外の材料を別々に調理しなければならないので、時間がかかり、ちょっと面倒です。でも、夏もそろそろ終わるので、「カポナータを作らずに夏は終えられない!」と、カポナータを作ることにしました。

いろいろなバージョンがありますが、基本のシンプルなバージョンを作りました。

本来は、ナスを思いっきり揚げますが、ナスがメインの料理なので、揚げるとヘビーになるため、今回は揚げ焼きにしました🍀

カポナータは、前菜またはつけあわせですが、メインとしてパンと食べられることもあります。

いずれにしても、アツアツを食べるのではなく、冷めてから常温で(もしくは冷蔵庫で保存しておいたものを常温に戻しておいて)食べます。

カポナータ

カポナータのレシピ

材料(4~6人分)

ナス 500g
玉ねぎ 150g
セロリ 150g
トマト 150g
オリーブ 100g
ケイパー 20g
松の実 20g
濃縮トマトペースト 20g
白ワインヴィネガー 30g
ブラウンシュガー 20g
オリーブオイル 適量
バジル 約6枚
塩 適量

作り方

① ナスを約2.5センチの角切りにし、ざるに入れて、粗塩をふり、重しをして1時間くらいおいておく。
② 玉ねぎを薄くスライスする。セロリを約1センチ幅に切る。オリーブは種を取り除いて半分に切る。
③ トマトを湯むきして約2.5センチの角切りにする。
④ ①を水ですすいで、よくしぼり、キッチンペーパーで水気をとる。
⑤ フライパンにオリーブオイル(お好みの量)を入れ、④を揚げ焼きにする。
⑥ 鍋にオリーブオイル大さじ2を熱し、玉ねぎを炒め、玉ねぎが透明になったらセロリを加えて炒め、続いて、ケイパー、オリーブ、トマトを入れ、ふたをして、約20分煮込む。塩をする。
⑦ トマトペースト、ヴィネガー、砂糖をまぜて、⑥に入れる。火を強めて、ヴィネガーを蒸発させる。
⑧ 火を止めて、⑤とバジルを入れ、混ぜる。冷めてからいただく。

(本来は、グリーンオリーブを使いますが、ブラックオリーブが家にあったため、ブラックオリーブで作りました。)

冷蔵庫で3日くらいは保存可能なので、作り置きにも最適です。

味がなじんだ2日目がおいしい!

ペアリングワインは、なんといってもシチリアのワイン。夏なので、ロゼがぴったり。

エトナのロゼがマリアージュ♡

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!