イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
トレントDOC

ワイン日記 ~コンチリオ「600UNO」ドザージュ・ゼロ~

たまたまネットで購入したコンチリオの「600UNO ドザージュ・ゼロ」。

興味深いワインでした。

トレントDOC

トレンティーノ・アルトアディジェ州のトレントDOC。

トレントDOCは、シャンパーニュ製法で造られるスプマンテ(スパークリングワイン)です。

イタリアのシャンパーニュ製法のスプマンテといえば、フランチャコルタが有名ですが、個人的にはトレントDOCがとっても好き。

なぜかというと、冷たい岩の山が迫ってくるミネラル感が好きだから。

トレントDOCは「山の泡」と呼ばれています。

切り立った崖のような山を感じます。

コンチリオは、トレントのワイン協同組合。

トレンティーノ・アルトアディジェ州の協同組合は、管理も行き届いているということで知られています。

「600UNO」は、601という意味で、標高600メートル以上の畑のブドウを使っているそうです。

ブドウ品種は、シャルドネ。

トレントは、ただでさえ冷涼な気候なので、600メートル以上といえば、ブドウ栽培の極限です。

ドザージュは、スパークリングワインを造る過程の加糖のこと。

このワインはドザージュ・ゼロなので、加糖ゼロです。

近年ドザージュが少ないのがトレンドになっていますが、ドザージュ・ゼロだからいいとか悪いとかではないと思います。

好みの問題ですし、おいしいと思えばいいと思います。

とはいえ、私はきりっとした辛口が好きなので、ドザージュ・ゼロ、好きです。

トレントDOCのワイナリーを訪れたときのことが思い出されます。

オーナーが自分の造るドザージュ・ゼロのトレントDOCを「のどに突き刺さるだろ?!」と説明してくれました。

私も、のどに突き刺さるくらいの辛口が好きです。

この600UNOは、のどに突き刺さるほどではありませんでしたが、きりっとしたミネラル感、酸味がありました。そして、意外とふくよかでした。

これは日本には未入荷のようです。

トレントDOCは、日本に入っているものが少ないです。

やっぱりフランチャコルタの陰にかくれて、あまりメジャーではないですし、シャンパーニュ製法とはいえ「DOCG」ではなく「DOC」なので知名度も低いとされてしまうのでしょうか。

もっとトレントDOCが日本に広がったらいいのにな、と思います。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!