イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ヴィクトリアズシークレット

ヴィクトリアズ・シークレットinイタリアと、イタリアの下着事情

イタリアのヴィクトリアズ・シークレットのショップは、小物、ビューティーグッズ、ショーツ、キャミソールなどのインナーの一部のみで、ブラは取り扱っていませんでした。

それが、ついに、今月、ローマにブラを取り扱うショップがオープンしました!

今までは、試着できるものがなかったため、試着室もありませんでしたが、ローマの新ショップには、試着室もあるそうです。


フィレンツェからだと、ちょっと遠いので、そのために行くことはなさそうですが、ついでがあったら、ぜひ立ち寄ってみたいです。

日本のヴィクトリアズ・シークレットのショップも、ブラは置いていません。

日本とアメリカのブラのサイズは異なりますし、日本人とアメリカ人の体形は違うので、アメリカ人向けに作られたブラは、日本人には合わないという理由で、日本ではブラの取り扱いがないのだと思っていました。

でも、イタリア人には、体形的には問題なさそうなのに、今までブラがなかったということは、別の理由がありそうです。

イタリアのブラのサイズは、アメリカよりおおざっぱです。

アメリカサイズは、アンダーとバンドサイズの差で、きちんとカップサイズがありまずが、イタリアサイズは、1、2、3と数字のみです。

アンダーが小さいとカップが小さく、アンダーが大きくなるにしたがってカップも大きくなっていきます。

つまり、アンダーが小さくてカップが大きい人は、アンダーを合わせると、カップが小さくて入らないし、カップを合わせると、アンダーがゆるゆるになります。

アルマーニなど、ブランドの下着は、アメリカサイズなので、カップの異なるものがありますが、カジュアルな下着メーカーのyamamay(ヤママイ)などのサイズは、1、2、3、、、の数字のみのイタリアサイズです。

タグの表示をみると、1B、2Bなどと、書いてある場合もあるので、Bカップだということがわかります。

だからといって、AカップやCカップがあるわけではありません。

日本では、ブラはきっちり測って、ジャストフィットでつけるものという認識がありますが、イタリアでは、幅が大きくなるにつれて丈も長くなる洋服のような感覚です。

イタリアでも最近は、「プッシュアップ」とうたっているものもありますが、そこまで機能性を求めていないようです。

日本も、ワイヤレスブラブームで、ラクにつけられる流れになっていますが、ワイヤレスブラやブラレットは、ワイヤーブラよりサイズが大まかですが、イタリアのブラはまさにそんな感じです。

一度カジュアルメーカーのブラを買ってみましたが、日本のブラに慣れていた私は、どうもアンダーとカップが合っていないとつけ心地が悪い気がしてなりません。

ハイブランドものを買えばサイズ的にはよいのですが、もう少し値段的におさえて買いたい、ということで、ヴィクトリアズ・シークレットのアメリカのオンラインショップを利用し始めました。

ヴィクトリアズ・シークレットは、そうそうたるメンバーのモデルや、ショーに相当お金をかけているので、品質的にはあまりよくないとネット上で言われていますが、たしかに定価で買うには、品質的に落ちると思います。

でも、常にお得なキャンペーンをやっていますし、セール時にはかなり安くなります。

広告代が高いといってしまえば、洋服のブランドだって広告費やショーにお金がかかっています。

下着は、服に比べると、単価も安いですし、作りもシンプルなので、品質が目に着きやすいのでしょうか。

ファッションって、商品そのものでなはなく、ランウェイショーのような「夢」を抱かせてもらえるものだと思います。

私は、ファッションのランウェイショーを見るのが好きです。

服、それをまとって歩くモデル、舞台セット、、、

キレイなもの、美しいものを見ていると、ワクワクします。

ヴィクトリアズ・シークレットのローマの新ショップオープンのニュースを見て、ちょっと下着について、気まぐれに書いてみたくなりました。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!