イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
トリノクリスマス

トリノ旅行記 第2弾~その1~

トリノは、今年2回目。

前回は6月に行ったのですが、今回は12月だったので、かなり寒そうだなと覚悟していました。

北イタリアは、冬は雪も降るし、日も短いので、寒いのが苦手な私は、完全防備で行きましたが、ちょうど晴れの日が続いていて、昼はそんなに寒くなかったです。でも、朝はやっぱり寒かった!

 

ミラノを15時半に出て、イタロでトリノへ。

1時間なので、早いですね。

トリノの人は、日帰りでミラノに遊びに行ったりするのかな。

 

東京の友人が、トリノに1か月ステイをしているということで、彼女に会うのが、一番の目的。

 

まずは、彼女が抹茶のイベントを行っていた会場のカフェテリアへ。

抹茶

 

おどろいたのは、18時くらいにお茶をするトリネーゼ(トリノの人)が多いということ!

座ってゆっくりお茶をするという習慣がないフィレンツェでは、見ることができない光景です。

お茶を飲みながら、気ままに話をしていて、日本のカフェテリアで見る光景でした。

フランスの隣だから、カフェテリア文化があるのですね。

 

 

クリスマスのイルミネーションを見ながら、夕食へ。

トリノクリスマスイルミネーション

 

トリノのクリスマスのイルミネーションは、ちょっと地味な感じでした。

 

レストランは、「Magazzino 52」。

 

アミューズのクリームチーズ&オリーブ。
かわいい。

トリノレストランアミューズ

 

前菜は、サーモンとレンズ豆。

レンズ豆は、実は、そんなに好きではないのですが、このくらい少量なら、おいしくいただけます。
ヒヨコ豆は魚類と合うけど、レンズ豆も合うのですね。
参考になりました。家でもやってみようっと。

トリノレストラン前菜

 

 

アーティチョークのパスタ。

アーティチョークのパスタ

手打ちパスタ自体もおいしかったですし、アーティチョークの火の通り方が絶妙。

 

 

メインの仔牛。

仔牛

フランスの影響で、トリノはソースが多用されますが、こちらも濃厚なソースでした。

 

グラスワインが豊富だったので、前菜とパスタには、コードドールのシャルドネ、メインのお肉には、ネッビオーロのカレマDOCを。

 

 

フランスのワインをグラスで飲めるなんて、やっぱりトリノならでは。

トリノレストランワイン

 

カレマDOCは、段々畑で作られるトリノにやや近いゾーンで、ピエモンテのワインとしては、わりと重要ですとソムリエの授業の時に習ったとはいえ、飲んだことはありませんでした。

標高が高いだけあって、酸がエレガントなワインでした。

 

デザートには、チーズの盛り合わせ。デザートにチーズのチョイスがあるところが、やっぱりフランスっぽいです。

 

次の日も書いてしまおうと思いましたが、ちょっと長くなったので、翌日のトリノ旅行記はまた。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!