イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
スペッツァティーノ

スペッツァティーノ(牛肉の角切り煮込み)

イタリアのごちそうのひとつ「スペッツァティーノ」。

スペッツァティーノとは、「一口大に切った」という意味で、牛肉の角切りを煮込んだ料理です。

コトコト長時間煮込むので、デイリーの料理というより、特別なときに食べる一品です。

牛肉の中では安価なすね肉を使うので、その昔は庶民的な料理で、暖炉にかけておいて煮込んだといいます。

現在帰国中のため、日本の牛すね肉ブロックを使って、スペッツァティーノを作りました。

日本の牛すね肉は、イタリアのものより、身がひきしまっている感じ。

私がいつもフィレンツェの市場で購入するすね肉は、スジっぽかったり、コラーゲン部分が多かったり、すばらしく赤身だったり、その日により箇所が異なり、クオリティーにばらつきがあります。

日本のブロックは、品質にばらつきがなさそうな立派なすね肉です。

結果は、とってもおいしくできました♪

ジャガイモを入れる王道のスペッツァティーノにしました。

スペッツァティーノ

スペッツァティーノのレシピ

材料(4人分)

  • 牛すね肉 400g
  • 小麦粉 適量
  • オリーブオイル 大さじ1
  • バター 小さじ1
  • 赤ワイン 1/3カップ
  • ジャガイモ 4個
  • お湯 適量
  • ローリエ 1枚
  • 胡椒 お好みで少々
  • 塩 適量

作り方

  1. 牛すね肉を約3センチの角切りにする。

  2. ①に小麦粉をつけ、オリーブオイルとバターを熱した鍋で、中火で炒める。

  3. 全体に焼き色がついてきたら、ワインを入れ蒸発させる。

  4. 水分がなくなってきたら、お好みで胡椒をし、お湯をひたひたくらい入れ、ローリエを入れて、蓋をして20~30分弱火で煮込む。

  5. ジャガイモを4~5等分にして、水にさらしておく。

  6. 煮込んだ④に、ジャガイモを加え、さらに15分~20分煮込む。途中で塩をする。

  7. 牛肉とジャガイモがやわらかくなったら出来上がり。

赤ワインがおいしい一品です🍷

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!