イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ブランデゥサー

イタリアの土着品種ワインがおいしい

イタリアは、世界の中でも、ブドウの土着品種(固有品種)が多い国です。

2019年のデータでは、イタリアには545種類の品種が登録されています。

イタリアワインは、「品種が多いから難しい」ともいわれます。

品種の名前を覚えるのは大変ですが、いろいろな味わいがあって、それぞれ個性があって、楽しいです。

土着品種のワインで、お気に入りでケース買いしているのがコレ。

モンフォートの「ブラン・ドゥ・サー」。

ブランデゥサー

モンフォートは、トレンティーノ・アルトアディジェ州のラヴィス村にあるワイナリーで、1945年から家族でワインを造っています。

3回ほど訪問しましたが、とっても温かなファミリーで、ワインはこのワイン以外もおいしいです。

ブドウ品種は、ヴァルディバラ、ヴェルトリーナー、ヴェルナツァ、ノジオーラ。

日本で知られているのは、ヴェルトリーナーとノジオーラでしょうか。

色調は、黄金がかったイエロー。

白い花、柑橘の果実、ハーブの香りがします。

味わいは、フレッシュで、ミネラル感が躍動的! キリッとした味わいです。

このワインが好きな理由は、とってもフードフレンドリーで毎日楽しむことができるから。

白ワインというと、魚料理をイメージしがちですが、フィレンツェでは魚料理はめったに食べません。

この白ワインは、野菜料理にも、豆料理にも、白身肉の料理にも合うので、普段食べているライトな食事にぴったりなのです。

もうひとつこのワインが好きな理由は、ワインの世界観があるから。

デイリーワインだと、あまり特徴のない平面的な味わいなものもあります。料理のじゃまはしなくても、それだと飲んでいて楽しくないです。

このワインは、いろんな情景が頭にうかんできて、楽しませてくれます。

イタリアの土着品種っておもしろい!と思わせてくれるワインです。

モンフォートのサイトは、こちらから。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!