イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
トレントDOCの畑

イタリア、トレンティーノのスプマンテ「トレントDOC」

今まで、イタリア各州のDOCGのワインと、DOCGの無い州をご紹介しました。

トレンティーノ・アルトアディジェ州は、DOCGのワインは無いのですが、瓶内二次発酵のスパークリングワイン「トレントDOC(ドック)」は、取り上げる価値があるので、クローズアップしたいと思います。

 

イタリアのスプマンテ(スパークリングワイン)の顔になっている「フェラーリ」。
これは、トレントDOCです。

「フェラーリ」という名前が有名すぎて、トレントDOCであることがあまり意識されていませんが、トレントDOCを代表する生産者です。

 

トレントDOCは、「山の泡」と呼ばれています。

 

トレンティーノのブドウ畑は、1万ヘクタールで、イタリア全体のブドウ畑の約2%。

ここで、年間約700万本、イタリアのスプマンテの約8%を生産しています。

 

「山の泡」と呼ばれるだけあって、トレンティーノは、とにかく山、山、山。どこを見ても山です。

 

 

ブドウ畑は、標高800メートルのところまでありますが、山ゆえ、昼夜の温度差があり、それがブドウにきれいな酸を与えてくれます。

そして、山のミネラル感。

この酸とミネラル感が大好きで、イタリアのスプマンテといえば、私は断然トレントDOC派。

 

 

トレントDOCは、シャルドネまたは、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ムニエを使うことができます。

 

さらに、メトド・クラシコと呼ばれる、いわゆる、シャンパーニュ方式で作られます。シャンパーニュ方式とは、瓶内二次発酵で、瓶の中で二次発酵されます。

瓶内でゆっくり発酵し、その後、瓶内で熟成しますので、きめの細かい泡ができます。

 

トレントDOCは、「白」と「ロゼ」に分かれます。

さらに、澱熟成期間により、「ブリュット」「ミレジマート」「リセルヴァ」があります。

ブリュットは最低15か月、ミレジマートは最低24か月、リセルヴァは最低36か月の澱熟成が必要です。

 

また、ドサージュ(糖分量調整)の量により、下記のように分類されます。

パ・ドゼまたはノン・ドザート 1リットル当たり糖分3g以下
エクストラ・ブリュット 1リットル当たり糖分0g~6g
ブリュット 1リットル当たり糖分12g以下
エクストラ・ドライ 1リットル当たり糖分12g~17g
ドライまたはセック 1リットル当たり糖分17g~32g
デミ・セック 1リットル当たり糖分32g~50g

この分類は、シャンパンと同じです。
(ただし、シャンパンには、50g以上の「ドゥー」があります)

 

 

下記の写真は、フェラーリに行った時のもの。

瓶が壁いっぱいに並んでいて、圧巻です。

フェラーリ

 

 

 

トレントDOCを飲むと、トレンティーノの山の芝生を思い起こさせるみずみずしい山の香りがします。

 

トレントDOCは、食前酒や乾杯だけではもったいない!

ぜひ食事と合わせて、食中に楽しんでみてください。

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!