イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
イタリアワイン

死語となった「イタメシ」。水っぽいソアーヴェも遠い昔

1990年代ブームとなった「イタメシ」。

カジュアルだけどオシャレなイメージで、新しくて、いっきにブームになりました。

ちょうど「ティラミス」がブームになった時期と重なります。

懐かしい。。

 

 

イタメシのイタリアワインといえば、赤はキャンティ、白はソアーヴェでした。

 

私は、ワインを飲み始めて間もないころでしたので、イタリアワインの名前はわかりませんでしたが、キャンティとソアーヴェだけは知っていました。

 

キャンティはすっぱく、ソアーヴェは水っぽい、どちらも安いワインというイメージでした。

 

 

イタメシブームで安いワインとレッテルを貼られてしまったキャンティとソアーヴェですが、イタメシが死語となった今、すっぱいキャンティも水っぽいソアーヴェも遠い昔のことです。

すっかり質がよくなり、名誉挽回しました。

 

 

ソアーヴェは、本当にイタリアらしいワイン。

太陽を感じて、明るいイメージで、それでいてしっかりとしたミネラル感があって、食事に寄り添ってくれるワインです。

そして、わいわい楽しむ食事にぴったり。

ソアーヴェなくして、イタリアワインは語れません。

 

イタリアワイン

 

キャンティについては今までいろいろ記事を書いてきたのですが、初めてソアーヴェの記事を書きました。

 

記事内ではペアリングに関しては触れていませんが、魚料理、リゾット、パスタ、野菜料理、天ぷら、フィンガーフードなどなどさまざまなものに合わせることができます。

生ガキともおいしいです👍

 

フィレンツェでは生ガキは食べることができないですが。。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!