イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ヘイター

ポーランド映画『ヘイター』をみて差別について考える

Netflixで配信され、話題になっているポーランド映画『ヘイター』をみました。

格差社会をベースにしたサスペンス映画です。

 

 

イタリアに住んでいると、同じヨーロッパのポーランドの情勢、ニュースも目にしますが、ポーランドのことはほとんど知らないです。

閉鎖的、格差社会の問題など、なんとなく暗いイメージがあったポーランドですが、『ヘイター』みて、かなり衝撃をうけました。

 

ヘイター (2020)
THE HATER
ポーランド
136分

監督:ヤン・コマサ
キャスト:
マチェイ・ムシャウォフスキー(トマシュ)
アガタ・クレシャ(ベアタ)
ダヌタ・ステンカ(ゾフィア)
ヴァネッサ・アレクサンダー(ガービ)

 

ストーリー

大学を強制的に追い出されてしまったトマシュは、SNSの運用の会社に就職する。そこで実力を認められて、調子にのり、ネット上で悪夢をばらまくようになる。

 

感想

そんなに期待もせずにみたのですが、かなりよかったです。

とにかくトマシュ役がすごい。

ハラハラしながら引き込まれます。次はどうなるんだろう、みたいな。

感情をあまりあらわさない表情なのに、感情が伝わってくるのがすごい。

不気味な感じがあり、ひやひやします。

特に、市長候補とゲイクラブに行くことろは、ひやひやしました。

でも、ポーランドの社会背景を少し知っておかないと、つまらなく、長い映画だと思います。

 

 

ここからは、映画をみて、もやもやと差別、偏見のことについて考えたことです。

 

ポーランドは、ヨーロッパの中でもレイシズム(差別主義)が蔓延しているといわれます。

ポーランドには行ったことがないので、実際のところはわかりませんが、ポーランドの闇がみえた映画でした。

それに比べたら、イタリアは明るいなと思います。

イタリアでも、肌の色、性別、階級などなど、差別、偏見はあります。

もはや人口の10%近くが外国人となり、生活をするうえでは、そこまで差別や偏見もないかなという感じですが、仕事となるとやっぱり差別があります。

外国人がする仕事、イタリア人がする仕事のようなイメージがついている仕事もあります。

ワイン用のブドウの収穫も外国人労働者にたよっています。

 

それでも、日常生活では、差別や偏見はずっと少ないと思います。

 

日本のほうがはるかに闇ではないでしょうか。

日本では、みんな同じことがよしとされているような風潮があり、外国人は大変だと思います。

そもそも入国するのも滞在するのもハードルが高いですし、長年滞在していても制限があります。

私が日本でイタリア語を習っていたイタリア人の先生は、家を借りるのも大変といっていました。

 

日本では、外国人だけでなく、LGBTQや障がい者の人たちも、「スタンダード」ではない枠でみられています。

 

スタンダードな社会とそうでない社会があるかのように別々になっていて、双方を受け入れる教育、福祉の体制が整っていません。
日本では、統一教育がすごく遅れています。
健常者は、障がい者の人たちとどう接してよいかわからず、なんとなく避けている雰囲気です。

テクノロジーがここまで発展して、グローバル化も進んでいるというのに、日本は閉ざされていると思います。

 

 

イタリアは移民を受け入れている国ですから、寛容でもあります。(それはそれで、移民問題がありますが)

カトリックの国ゆえ、困っている人を助ける文化もあります。

統一教育も進んでいるので、障がい者とどう接していいかなどためらうことはなく、一緒に生活できます。

人それぞれの個性が尊重されるイタリア社会では、スタンダードであることは必要ないです。

 

病院の受付の人や、役所の窓口の人など、公共の施設に行くと、障がい者の人が働いているのを目にします。

障がい者の知人は、デスクワークができる職種で、一流ファッションメゾンに就職しました。一般企業で、それも高級ブランドで働くことができるっていいなと思いました。

LGBTQの知り合いたちは、厳しい風当たりをうけていることはまったくなく、みんなフランクで楽しい人たちです。

 

 

ポーランドの事情がわからないので、イタリアと日本の比較になってしまいましたが、いろいろ考えさせられた映画でした。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!