イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ

希少価値?!生産量が少ないラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ

本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発!』で紹介されているワイン、コンティ・ディ・ブスカレートのラクリマ・ディ・モッロ・ダルバを飲みました。

ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバは、マルケ州のモッロ・ダルバで造られるDOC(統制原産地呼称)赤ワインです。

マルケの土着品種ラクリマから造られますが、小さいエリアでしか育たないため、生産量が少ないワインです。

イタリアでも最も小さなDOCのひとつで、フィレンツェではあまり見かけません。

ラクリマは、古代ローマにすでに存在していたブドウ品種。

1167年に、フリードリヒ1世がモッロ・ダルバに滞在したときに、ラクリマで造ったワインを飲んだというほど、歴史ある品種なのです。

ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ

飲んでみると、、

香りは、バラやブラックベリー。フルーティーで、若々しいエーテル香がけっこうあります。それもそのはず、ヴィンテージは2020年です。

タンニンとアルコールはしっかりしているので、熟成させたときに興味深いワインになりそうです。

このフレッシュ感は、「チーズではなく、サラミだ!」と思い、冷蔵庫にあったソプラッサータを合わせてみました。

ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ

合う!!!

サラミの脂と、ワインのフルーティー感がみごとにマリアージュしました✨

ちなみに、このコンティ・ディ・ブスカレートのラクリマ・ディ・モッロ・ダルバは、たまたまフィレンツェのEatalyで見つけ、購入しました。

定価9.5ユーロが割引で4.5ユーロになっていました。

お得においしく楽しむことができました🍷

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!