イタリアで美活

フード、ワイン、ヘルシーライフ
ライスサラダ

ライスサラダの作り方のコツ

先日、パスタサラダをご紹介しましたが、今日はそのお米バージョンです。

 

 

パスタサラダを同じく、ゆでたお米に、細かく切ったお好みの具材とオリーブオイルを入れれば出来上がり!というこれまた夏の定番料理。

 

 

ライスサラダも、朝涼しいうちに作っておいて、ランチや夕食にできるので、とっても便利です。

 

コツは、お米を炊かない!ということです。

 

炊くのではなく、ゆでます。

 

 

炊くと、お米が水分をより吸収するので、もっちりとしてしまいます。

チャーハンのように、ご飯を炒めるわけではないので、炊いたお米でライスサラダを作ると、もったりとしてしまいます。「炒めていないチャーハン?」みたいな、なんだかアカ抜けない味になってしまいます。

 

リゾットを作るときのように、お米を炒めてからお湯をいれるのもNGです。
リゾットのようにベトっとなってしまって(あたりまえですが、、)、白米よりタチが悪いです。

 

 

鍋に多めの量の水を入れて、沸騰したら、お米を入れます。

お米は洗わずにそのまま入れます。(量り売りなどのお米で汚れが気になる場合は、お湯に入れる直前に洗う)

塩を少し入れて、ふたはしないで、ゆでます。

お米にもよりますが、10~13分くらいでアルデンテになるので、パスタと同じように、ざるにあけてお湯を捨てます。

パスタと同じで、ゆで加減が大切です。

アルデンテすぎると芯が残っていますし、ゆですぎるとべちゃっとした感じになってしまうので、そろそろかなと思ったときは、パスタと同じく、鍋の前で様子を見ていないといけません。

ちょうどよいアルデンテにゆであがると、さわやかなライスサラダが出来上がります♪

 

ライスサラダ

 

入れた具材は、

トマト、ハム、スカモルツァチーズ、ゆでたインゲン豆、炒めたズッキーニ、ゆで卵、ケイパー、黒オリーブ、パセリです。

そしてオリーブオイルをたっぷり。

 

最近、パスタサラダやライスサラダ、レタスの普通のサラダばかりなので、オリーブオイルの減りが早いです。

 

カステッラーレオリーブオイル

 

これは、オンラインワイナリーツアーで行ったカステッラーレのオリーブオイル。

キャンティ・クラシコ地区のオリーブオイルです。

ちょっとのどにピリッとする感じの青さがあり、アーティチョークのようなニュアンスがとってもおいしいオリーブオイルです。

 

 

ここ1か月半くらい暑い暑いといっていますが、気づけばもう8月も中旬。

8月の下旬になると、イタリアは夏も終わり。9月になるとぐっと涼しくなるので、暑いのもあともう少し。

ちょっと名残惜しい気もします。

 

↓↓↓↓2つのブログランキング参加しています。下記クリックして応援していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
error: Content is protected !!